不妊治療をするなら|実績のある病院に任せよう

医師

治療費が高くなってしまう

高額なイメージ

カップル

大阪の婦人科の病院では、不妊治療を行っている病院が多くあります。不妊治療というと高い、お金がかかってしまうというイメージがあります。病気やけがで病院を受診した時には患者はその一部を負担します。ですが不妊治療では保険の適用が認められている範囲が限られています。ホルモンの異常や子宮、卵管機能障害などの一般不妊治療には保険が適用されますが、人工授精や体外受精、顕微授精には保険は適用されません。保険が適用されない治療費は全額を自費で負担しなくてはなりません。体外受精の費用は各施設が独自に決めていて、おおむね大阪では30〜70万円程度になります。これを全額負担するため治療費が高額になってきてしまいます。

助成金を活用して

体外受精などを婦人科で行う時には医療費の高さがネックになっていましたが、特定の不妊治療を受けた時に、その費用の一部が助成される国が定めた制度があります。体外受精、顕微授精にかかった費用のうち1回15万円までを1年に2回まで、通算5年間助成を受けることができる制度があります。ただし所得などの制限が設けられていますので申請するときには注意が必要です。この助成金に上乗せする形で別の助成金をプラスしたり、所得制限を設けていない自治体もあります。大阪でもこの助成金を利用して不妊治療を行っている人がいて、大阪の自治体も少子化に歯止めをかけるべくしっかりと助成を行っています。このような制度のほかに、人工授精や一般の不妊治療に独自の助成を行っている自治体も出てきています。