子どもの歯医者嫌いはこれで解消!行くことの大事さを教える
ロゴ

子どもの歯医者嫌い…どうすべき?歯の健康を守るための知識

歯医者に行くのは大切だけど…

歯の健康を守るためには、歯医者に通うことってとても大切です。理想は、子どもの頃から虫歯などの疾患がなくても定期的に行くことです。しかし、子どもにとって歯医者は怖いところだと思っている子だっています。

子どもが歯医者を嫌うベスト5!

no.1

治療器具の音が苦手

歯医者では、歯を治療する専用の器具を使います。この器具から発する音が苦手だという子どもがとても多いのです。確かに、大人でも怖いと感じるほどの音が出てくるので子どもだと仕方ないのかもしれません。しかし、最近は子どもが怖がらないように工夫されている歯科もあります。

no.2

痛みがあるという恐怖感

歯の治療は痛いという印象を持っている子どもが多くいます。これは、自分で見ることができない口の中を治療されるのが影響しているのでしょう。また、治療によっては痛みを感じることがあるので、歯医者=痛いと思っていることが多いのです。

no.3

注射で麻酔される

最近の歯医者では、痛みを感じない治療を行なうのが主流になっています。しかし、それは患部に麻酔を打つからなので注射で麻酔を行なう場合、注射の痛みを感じることがあります。最近は、塗る麻酔があったり、麻酔の注射から音楽が鳴ったりするものもあり、子どもの恐怖心をあおらないようにしているところもあります。

no.4

何度も通わないといけない

歯の治療は一度だけでなく何度も通う必要があります。好きでもないところへ通うことは子どもにとって苦痛になる場合もあり、歯医者嫌いになってしまうことがあります。しかし、最近の歯科は子どもが退屈しないようにDVDで子ども向けの映画を流したりしているところもあり、通いやすいようになっています。

no.5

においが苦手

歯医者によっては独特のにおいを感じることがあります。このにおいを嫌う子どもが多くて、待合室にいるのが嫌だという子どももいます。しかし、最近の歯医者は防臭効果のある空気清浄機などを使っていることが多いので、歯医者独特のにおいがする病院は少なくなっています。

子どもの歯医者嫌いはこれで解消!行くことの大事さを教える

歯

子どもの頃から通う大事さ

歯の健康は、子どもの頃に決まると言っても過言ではありません。子どもの頃から虫歯や歯並びが悪いなどのトラブルを抱えて成長した場合、永久歯がボロボロになった状態で大人になって、歯の健康を守りにくくなることがあります。そのため、子どもの頃から歯医者に通う大事さを伝えなければいけません。

歯医者嫌いを治したいのなら

子どもの歯医者嫌いを治したいのなら、歯医者は良いところだと覚えさせる必要があります。どのようにして覚えさせるのかといえば、一番良いのは歯の大切さを教えてあげることです。食材を噛む理由が何なのか、歯医者に行かないとどうなるのかなどを教えることで、子どもは歯医者について理解しやすくなります。

毎回泣く子どもの場合

歯医者が嫌いでも虫歯があるのなら通わなければいけません。しかし、歯医者嫌いの子どもによっては泣くほど嫌がる子だっているでしょう。そういったときは、泣かなかったらご褒美があるというのを伝えてみてはいかがでしょうか?子どもにとって頑張ったらご褒美があると思うと、泣かずにいようと考えるようになります。

歯の絵本などを読んであげる

現代には、歯に関する絵本などがたくさんあります。幼い子どもなら絵本だと歯について興味を持つようになります。そうすることで、歯医者に通う大切さを説明しやすくなりますし、治療がそれほど痛くないと感じさせやすくなります。歯医者に行くことの大切さを理解することが大事なので、歯医者に頼りっぱなしではなく親も工夫したほうがよいでしょう。

子どもに歯医者へ行く理由を理解させることが大事

歯について何も知らなければ、歯医者に行くことを嫌がるのは当たり前といえます。ですから、子どもにどうして歯医者へ行かなければいけないのか理解させてあげましょう。稲毛海岸や松戸の歯医者では、子どもが理解しやすいように歯についての指導を行なってくれるところもあるので、分からないことがあれば聞いてみるのもいいかもしれません。

広告募集中