矯正歯科に行けば体の健康も守れるようになる
ロゴ

見た目を整えるだけではない?矯正歯科の治療を受ける利点

印象を変えるだけではない

矯正歯科で受ける治療は、ただ見た目を整えて印象を良くするだけではありません。他にも、体の健康を守るということにも繋がります。ここでは、どうして体の健康を守れるのかご紹介します。

歯並びが悪いままだと体にどんな影響が出る?

食べものを噛む力が弱くなるので栄養が摂りにくくなる

歯並びが悪い状態だと食事するのが困難になって、うまく食べものを咀嚼できず栄養が摂りにくくなります。しかし、矯正歯科で治療を受ければ咀嚼しやすくなるので、食材を良く噛めるようになり栄養が摂りやすくなって健康に繋がります。

虫歯や歯周病になりやすくなり、口腔環境が悪くなる

歯並びが悪いことは、口腔内の菌が繁殖しやすい状態なので環境が悪くなります。そうなると食事を満足にできなくなったりして、体に栄養を与えにくくなることも…。ですから、矯正治療を受けて歯並びを綺麗にすることが推奨されています。

矯正歯科に行けば体の健康も守れるようになる

歯

いつまでも元気でいるために

歯だけではなく体全体の健康を守るためには、歯並びを良くする治療を受けることが大切といえます。横浜や五反田の矯正歯科では、歯並びが悪くて悩んでいる人が来院すると、放置するとどうなるのか詳しく説明してくれます。それに、歯の疾患を抱えている場合は、矯正治療を行なう前に全て治療することだってできます。いつまでも元気でいるためにも、矯正治療は受けたほうがよいといえるでしょう。

都合のよい治療が選べる

現在の矯正歯科で受けられる治療方法は、昔に比べると増えています。口を開けてもばれにくいものがあったり、食事するときに外せるものだったりと自分の都合によいものを選べるようになっています。自分にとってどれがいいのか分からない場合は、矯正歯科の担当医に相談してみてください。最近の歯科では、カウンセリングの時間を大事にしているところが多いので、的確なアドバイスを受けられるようになっています。

放置するとどうなるの?歯並びが悪いままの将来

認知症になるのが早くなる

歯並びが悪い状態で高齢になると食べものを噛む力が一般的な人よりも弱くなります。そのため、高齢者特有の病気である認知症になりやすいとされているので、若いうちに歯並びは綺麗にしておいてほうがよいでしょう。

歯が抜けてしまうことも

虫歯や歯周病が進行しやすくなるので、最終的に抜けてしまうことだってあります。歯の疾患で抜けることは、神経まで菌が繁殖している可能性が高いので放置すると大きな病気に繋がることもあるので危険です。

口臭がきつくなる

歯並びが悪い状態で食事することは、歯と歯の間に食べカスが詰まり溜まりやすくなるので口臭がきつくなる可能性が高くなります。口臭がきついまま生活することは、自分だけでなく周りの人にも不快な思いをさせてしまう可能性があります。

広告募集中